About TABLE FOR TWO

 世界の約70億人のうち、約10億人が飢餓や栄養失調の問題で苦しむ一方で、20億人近くが食べ過ぎが原因で肥満状態にあります。

 

 

TABLE FOR TWO(TFT)は、このような深刻な食の不均衡の解消に両側から取り組むべく、2007年秋に日本で創設されました。

 

 

 

 

 

食堂やレストランで対象となる定食や食品をご購入いただくと、1食につき20円の寄付金が、TABLE FOR TWOを通じて開発途上国の子どもの学校給食になります。

 

20円というのは、開発途上国の給食1食分の金額です。

 

つまり、先進国で1食とるごとに開発途上国に1食が贈られるという仕組みです。 


 

2016年までの約8年間で、日本国内外でのTABLE FOR TWOプログラムへの参加企業・団体数は700を突破。食堂から始まったプログラムは、レストランやコンビニ、自動販売機や披露宴など、様々なかたちで広がっています。

 

TABLE FOR TWOの仕組みは、海を越えて海外にも広がっています。2016年現在、アメリカをはじめスイス、イタリアなどヨーロッパの国々、ノルウェー、サウジアラビア、そして香港やベトナム、オーストラリアなど計14か国で活動を展開しています。

 

(出典:TABLE FOR TWO公式ホームページ

 

私たちTABLE FOR TWO University Associationは、そんなTABLE FOR TWOの理念に賛同し、

 

TFTの活動を広めるべく様々な大学から集まった学生団体です。